男が1日過ごして感じた、ノーパンで生活することのメリット・デメリット

この記事の所要時間: およそ 6

 

どうも、ヨーグルト亮(@yogurt_ryo)です。

突然ですが、皆さんはノーパンで1日を過ごしたご経験はありますか?

「変態」というイメージが先行しがちですが、世の中には「ノーパン健康法」なるものがあるくらい、ノーパンには良い効果が得られるという情報もあります。

あまり大きな声で言えませんが、筆者は家にいる時はノーパン派です。

そんな僕が「外出時もノーパンで過ごしてみたらどうなるのか?」と気になって、休日に1日ノーパンで過ごしてみました。

今回は、そんなノーパン体験記をお届けいたします。

 

ノーパンで過ごした1日のスケジュール

絶景に立っている男性の画像ノーパンで過ごした日は休日で、昼から外出する予定がある日で、割と詰まっているスケジュールでした。

今思い返せば、このスケジュールを全てノーパンで過ごしたと思うと、中々に変態だったのじゃないかと思えてk…いいえ、これは健康法を実証するためであって、決して変態ではありません。

以下1日の流れです。

AM 10:00 起床

AM 11:00 外出

電車に乗り大阪へ

PM 12:00 昼食

PM 2:00 映画

PM 5:00 ショッピング

PM 7:00  ジム

就寝時から夜のジムでの運動まで、全てノーパンで過ごしました。

そりゃあもう「パンツ?穿いてるに決まってるじゃないですか!」と平然とした顔で過ごしてやりましたよ。ええ。

それでは、以下感想を含めたメリット・デメリットをお伝えします。

ノーパンのメリット

OKサインの男性1日ノーパンで過ごしてみて、たくさんのメリットを感じました。

 

解放感がとにかくすごい

まず一つ目が、ノーパンでいることによる解放感の気持ちよさ!

僕は普段ローライズタイプの体にフィットするボクサーパンツを履いているのですが、それはそれで身が引き締まるのですが、結構窮屈です。

しかしパンツを履かないことによって普段窮屈だったものが解放されるのです!(何がとは言いません。ナニがとは。)

やらしい意味ではなく、これが本当に気持ちいいのです。

解放された状態で座る電車の座席・映画館のソファの気持ちよさ!

普段何気なく座っている席が、最高級のクッションであるかのように心地よく、そして愛らしく感じられます。

 

秘め事感がゾクゾクする

2つ目でもうかなり変態的になってしまうことをお許しください。

普段通り生活しているけど実はノーパンだった、という秘密を抱えながらも何もないような顔をして、街中を歩く。

それはドキドキを通り越してゾクゾクです。

「今この瞬間俺がノーパンであることを、この人たちは知らないんだよな…」と謎の優越感にさえ浸れるのです。

どんなことがあっても「てめー俺がノーパンだってこと知らねーだろ、バーカ!」と思う事により落ち着いていられます(クズ)

 

用を足すのが早い

ローライズな下着を履いている人はわかると思いますが、トイレをする時に下着をずらす工程で、結構スムーズにずらせないことがあるのです。

ノーパンですと、そんなタイムロスも一切ありません。

ベルトがないイージータイプのボトムスだと、本当にずらすだけでスポン!と出すことができるのです!

ぜひあなたも、ノーパンで排便・排尿ノータイムロス生活をしてみてはいかがですか?

 

運動中やる気に満ち溢れる

今回は、ジムでの筋トレ中にもノーパン作戦を実行しました。

その結果、いつもよりもアドレナリンの溢れる感覚があり、トレーニングが捗ったのです。

解放感がそうさせるのか…原因は不明ではありますが、今後もノーパンdeトレーニングを実行していこうと思いました。

 

ぐっすり眠れる

1番大きく感じたメリットがこちら。

就寝時ノーパンで、なんなら上半身も素肌にふわふわのルームウェアで身を包みで寝ると、いつもより格段に安眠できました。

たぶん解放感から得られる効果だと思いますが、翌朝の寝起きもとても良かったです!

 

ノーパンのデメリット

お尻の画像上記ではメリットをたくさん挙げましたが、もちろん良い事だけがあったわけではありません。

ノーパンで過ごしてみて感じたデメリットも紹介します。

 

服の汚れが気になる

下着の役割の1つに「体や衣服を清潔に保つ」という効果があります。

ノーパンであるがゆえに、排尿・排便後のみならず、汗をかいた時に受け止めてくれる存在がいません。

そのため、ノーパン時にはいつも以上に清潔を心がけなければ、お気に入りのズボンが汚れてしまうでしょう。

我慢できずに漏らしてしまった…という場合にも、いつも以上に大惨事になってしまいます。いつも受け止めてくれていたパンツという存在がいないのですから…。

 

周りの目が気になる

堂々としていられる人であれば問題ないかもしれませんが、小心者の人には向かないかもしれません。

僕はそこまでですが、いつもよりも周りの目を気にしてしまう傾向にありましたので、慣れるまではノーパンを100%楽しめないかもしれませんね。

 

敏感な人は擦れて気になる

ボトムスの素材がハードなものだと、擦れて気になってしまったり、最悪肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

また、敏感な人はナニが擦れて反応してしまう可能性がありますので、存分に注意する必要があります

特にジムでトレーニングをしている時は、動き回ることで反応してしまう事も多く、ピンチな場面が多かったです。

下手すると通報されてしまう可能性もあるので、ご注意を!

 

ボトムスによってはバレる

ボトムスの素材が柔らかく、股間の形がクッキリしてしまう。短いハーフパンツを履いていて裾から見えてしまう。

など、ボトムスによってはノーパンであることがバレてしまいます。

バレるかバレないかのスリリングを楽しめる方は別ですが、ボトムス選びには要注意ですね。

ちなみに僕は裾の短いタイプのショートパンツを履いていましたが、サイズがコンパクトなおかげで、その点は大丈夫でした(辛い)

 

バレると変態扱いされる

ノーパンで過ごすことは日本ではまだ一般的ではなく、マイナーです。

もしそこまで気の知れた人でないのにバレることがあってしまったら、それが原因で変に思われたり、変人扱いされてしまうでしょう…

ノーパンで過ごす際は、危機感を持って過ごさなければいけません。

 

あとがき

遠くを見つめる男性の画像いかがでしたでしょうか?

今回1日、ノーパンで過ごしてみてデメリットも感じましたが、それ以上にメリットの方が多く感じられて、とても良かったです。

僕は意外と悪くないと思ったので、これからノーパンで過ごすことが多くなりそうです。

一度体験したら病みつきになってしまい、パンツを履く生活に戻ることができないと言われている「ノーパン生活」

あなたも一度、試されてはいかがですか?

それでは今回はこの辺で、失礼します!

関連記事

OKサインの男性

【男の脱毛】施術中に股間が反応してしまうのは恥ずかしいことではない!

オシャレな男性の画像

【メンズVIO脱毛】いつから効果が現れる?施術後1ヵ月後の感想

ヒゲがかっこいい男性の画像

【男の脱毛】初めてサロンでVIO脱毛に行ってきたのでその感想を書いてみる